ひじ下・ひじ上の自己処理

ひざ下と同じで、一年中見せる機会が多いのがひじ下です。冬は、夏ほど毎日半袖になることがないのでついつい油断しがちですが、ふと腕まくりをした時や、うっかりカーディガンを脱いだ時、ひじ下の毛が目立ってる、なんて経験が終わりの方もいらっしゃるかもしれません。

 

「清潔感のあるきれいな女性だと思っていたのに、ひじ下の毛が男のように濃くて、しかも長く伸びていて幻滅した…」。男性からそう思われたらもう最悪、普段の努力が水の泡です。最近では夏は冷房、冬は暖房を効かせ過ぎの場所が多いですので季節を問わず毛が伸びしまう前に処理をする習慣をつけておくべきですね。

 

ひじ上は自分では普段あまり目にする部位ではありませんが、ノースリーブやキャミソールを着た時に意外に目立つ部分です。特に肩の辺りは意外に毛が濃いので、お肌の白い人は目立ちがちです。

 

しかしひじ上は、お肌のキメが細かく、そのままにしておいても肌荒れが心配になることはない部分ですから、むやみにカミソリを当てるなどの自己処理で、肌を痛めたくはないですよね。

 

また場所柄、カミソリで剃るには少し体勢的に無理が生じ、きれいに全て剃ることは難しいでしょう。ひじ上も、ひざ上同様、毛が濃くてものすごく気になるという方以外は、自己処理は行わず、なるべくそのままの状態にしておいた方が良いでしょう。お肌が繊細な場所ですから、気になる方にはやはり脱毛がおすすめです。