肝臓にセサミンがいい理由

セサミンというのは、肝臓の数値を低下させる働きがあるといわれる成分になっています。このセサミンを体の中に取り込むと、腸によって吸収されることになりますそして、そのまま肝臓に運ばれて肝臓で働いてくれるのです。

 

また、セサミンというのは抗酸化作用がとても強くなっていますので、肝臓によって作られすぎてしまった活性酸素を取り除いて、腸が酸化しにくくなるといわれています。抗酸化作用というと、ビタミンCやポリフェノールが知られていますが、これらの成分は細胞膜や血管で作用が働いています。

 

ですが、セサミンというのは肝臓に直接作用をするという特徴を持っているのです。さらに、セサミンには悪玉コレステロールを減らす働きも持っているため、肝臓の負担を軽減させやすくなりますし、疲労回復作用や血圧をあがりにくくする働きもあるといわれています。

 

セサミンが多く含まれている食べ物というのはいくつかあるのですが、特に有名なのは胡麻ではないでしょうか?このゴマの中身ではなく、胡麻の殻に含まれています。ただ、そのままの状態だと消化されにくいですから、吸収率もよくありません。

 

ですので、胡麻からセサミンを摂取するのであれば、すりつぶしてから食べるという方法もあるのですが、1粒あたりにそこまでセサミンが含まれているわけではありませんし、カロリーも高めになっています。このほかにも、麦やお米にもセサミンが含まれているのですが、精米をしたらセサミンの含有量も減ってしまいますので、事実上胡麻から背ssyする必要があるでしょう。